ジュズネノキ (アカネ科アリドオシ属) RUBIACEAE Damnacanthus macrophyllus


2008・5・21 広島県三原市本郷町

【常緑・低木 高さ1m内】
アリドオシの仲間としては枝にトゲが目立たない、また葉の大きさは一番大きい。近畿地方以西の常緑広葉樹林内に生える。葉身は4〜10cmで対生する。別名をオオバジュズネノキ、ナガバジュズネノキ。根が丈夫で数珠のようにふくらみ繋がる。

トゲはあっても小さい、無い場合もある

花は二つずつつく

2013.5.18 同場所

2013.5.18 同場所

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト