ホザキシモツケ (バラ科シモツケ属) Spiraea salicifolia L.


2012.8.4 広島県北広島町

【落葉・低木】高さ1〜2mで目に付きやすい。県内では芸北地域の特定場所のみ、本来は霧ヶ峰、北海道や日光の戦場が原で見たという知人も。芸北の八幡地域は牧草由来の持ち込み植物が多く、町内には以前から山野草の植栽・販売で生計をたてていた農家もあることで、もう少し深く調査を要するが、それにしても寒冷地植物の隔離分布については関心を持って研究をお願いしたい。

その名のとおり、茎頂に穂状に咲く。
たくさんのおしべは長く、花の色も鮮やかだ。

1012.8.12 同場所

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト