ミツバイワガサ (バラ科シモツケ属) Spiraea blumei var. obtusa


2010.5.22 島根県西ノ島町・国賀海岸

【落葉・低木】高さ1m前後で日当りの良い岩場などで見られる。主に日本海側で見られる。互生する葉が3中裂することから「ミツバ」の名がついた。別名をタンゴイワガサ、丹後地方で見られることから。

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】