ミヤジマシモツケ (バラ科シモツケ属)

2006・5・7広島県廿日市市宮島町

【落葉・低木】分布は広島,山口,愛媛
解説書ではコデマリに似ているが、あまり多く枝上につかない、とある。しかし、宮島の保存場所では見事に咲いていた。シカの被害を受ける恐れがある。別名をウラジロイワガサ、本種の果実の毛の生え方からイワガサとイブキシモツケの中間種ではないかと考えられている。

崖の上なら安心

下にこぼれた実生苗、いずれシカの餌食に・・・。


2011.5.9 江田島市


イワガサの葉は無毛だが、これは毛がある。従って江田島市のものはミヤジマシモツケ。

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト