シモツケ (バラ科シモツケ属)

2004・7・19 広島県吉和村

【落葉・低木】
「シモツケ」の語源は下野の国のこと、昔からここの栽培種が人気だったのだろう。日当たりの良い草原や岩場に株立ちとなって生える。これほど花が無いと無視され、咲くと存在感のある樹木も少ない。花のひとつひとつはバラ科特有の派手な姿をしている。別名の「キシモツケ」は草本であるシモツケソウに対しての名前か。

2006・7・28 吾妻山

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト