フサザクラ (フサザクラ科 フサザクラ属) EUPTELEACEAE Euptelea polyandra


2011.4.27 庄原市比和町

【落葉高木】高さ7〜8m。雌雄同株。
花だけを見るとカツラと見間違えそうだが、雌雄同株。よく枝分かれして深山の渓流に枝を延ばしていることが多い、そのため別名タニグワ。花は新緑の芽吹きの頃に咲き、見上げる大きさだと地味すぎて目に入らない。


雄しべと雄しべが抜け落ちた後に見られる熟しためしべ。一見、雄花と雌花があるみたいだが雄しべの付け根に隠れている。。

2011.5.25 同場所 実

葉は尻尾のあるカメの甲型

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト