ネズ  (ヒノキ科 ビャクシン属)


2006・9・16 広島県福山市鞆・仙酔島

【常緑・小高木】高さ5〜10mに達する
光沢のある材は和ビャクダンと呼ばれ家具や床材に重宝された。
万葉集で大伴旅人の歌、「我妹子(わぎもこ)が 見し鞆の浦の むろの木は 常世にあれど 見し人ぞなき」(私の妻がかつて見た鞆の浦のむろの木はいつでもここにあるが、一緒に見た妻は今はもういない。」
ネズは万葉集に7種詠まれていて、そのうちの5種は鞆の浦のネズであるといわれている。こkでは重要な船舶材として「むろの木」は大事にされた。


雌雄異株の雌花

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】