ホルトノキ  (ホルトノキ科 ホルトノキ属)


2006・7・23 広島市南区・似島

【常緑・中高木】
ポルトガルの木という意味からホルトノキと呼ばれた、これは実の姿がオリーブに似ているためであろう、別名をモガシ。常緑樹だが葉の中には紅葉しているものが必ずある。県内では瀬戸内海沿岸の山地や神社に植えられていることが多い。

2001・7・18 牛田山植栽

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト