ツノハシバミ (カバノキ科 ハシバミ属)


2005・9・24 広島県庄原市西城町

【落葉・低木】高さ2〜3mで広島県の山地では普通に見かける。春の枝先に赤い雌花、その下に穂状の雄花をぶら下げる。堅果はユニークな形の袋状に包まれた2〜5個の果実となる。日本のヘーゼルナッツとして生食、クッキーなどに入れて食べられる。

2003・4・19 雌花と雄花 芸北雌花

2003・10・9

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト