マルバウリハダカエデ (カエデ科 カエデ属)


2013.9.15 広島市東区・森林公園

【落葉・高木】
対生の葉、葉柄にはウリハダカエデ独特のミゾがある。しかし葉の形が丸い。奇形なのだがこの地には何本か有るのだそうだ。
写真の場所では2本が寄り添うように立っていた。もちろん全国的な分布などは不明、ネット検索では見つからない。

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト