タイシャクイタヤ (カエデ科 カエデ属) Acer mono Maxim.var.taishakuense Ogata


2010・6・19 広島県庄原市東城町・帝釈峡

【落葉・高木】
帝釈峡の流れに近い場所から乾いた場所にも分布する。近縁のオニイタヤも葉の下面に毛があるがそれは脈上に限られ、また上面(表面)には毛が無いがタイシャクイタヤにはある。


葉は裏に毛が多いのがタイシャクイタヤの特徴 ひとつの花序に雄花、両性花が混在する雌雄同株。


2011.5.8 花の時期はまだ葉は展開していない。

2011.6.4

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト