アオモジ (クスノキ科 ハマビワ属)

2005・3・26 広島県呉市

【落葉・小高木】
暖地の山中で見る、高さ5メートルくらいになる樹木。樹皮が緑色なので名がついた。以前から「持ち込み説」のある植物だが、環境に適しているらしく、この地域では繁殖を繰り返しているので「自生」扱いとした。

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト