イタチハギ  (マメ科 イタチハギ属)


2007・6・7 広島県庄原市西城町

【落葉低木・高さ2〜5m】北米原産でもともと道路のノリ面の緑化として大正時代に移入された。現在は野生化している。

黄色いのはおしべの葯で、花弁は旗弁のみ。

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】