ヒメモチ (モチノキ科モチノキ属) AQUIFOLIACEAE Ilex leucoclada


2013.9.28 広島県庄原市比婆山系

【常緑・低木】
多雪地帯に見られる高さ1mの低木で、雌雄別株。本年枝は緑色で、花は前年枝につける。日本の固有種と言われ、本州と北海道に自生する、つまり広島県では数少ない日本海型の樹木。



付近にあるミヤマシキミと混同しやすいが、人の高さ程度に成長するので判別できる。
葉の裏にかすかに葉脈が現れることでミヤマシキミと区別できる。

*********************************************


2008・10・19  鳥取県大山町・大山山麓

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト