イヌツゲ (モチノキ科モチノキ属)


2006・6・6 広島県庄原市

【常緑・小高木】
県内全般の山地、草原に生え山歩きではおなじみの植物、マント群落も構成している。互生する葉の形からツゲを想像するが花も実も違う、ツゲはツゲ科。雌雄別株だがおしべ、めしべが退化するタイプなのでじっくり観察しないと分からない。

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】