ナナミノキ (モチノキ科モチノキ属)


12月 広島県呉市安浦町

【常緑・小高木】
県内沿岸部の山地林内で見る照葉樹で冬季の赤い実が印象的。
この変な名前は 1)材を切ると斜めに切れる 2)実が多いので七実 3)楕円形の実だから長実 4)美しく名のある実で名の実
など諸説あり。特に1)で建材には向かないようで、庭木には利用された。

目立つ赤い実

2008・6・8 広島市東区
雌雄異株で雄花は多く咲く

雄花

雌花
モチノキ科特有の雌雄異株で赤紫色の美しい花を咲かせるが、梅雨の時期のため意外と見たことの無い人が多い。

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】