ヒイラギモクセイ (モクセイ科 モクセイ属) OLEACEAE Osmanthus ×fortunei


2008・10・13  広島県三次市君田町 

【常緑・小高木 高さ4〜7m】ギンモクセイとヒイラギの雑種と考えられている。葉は対生し、刺状の鋸歯が8〜10対ある。花は雌雄別種のはずだが雄株しか無いらしい。10月に芳香とともに白い花を咲かせる。

君田町の杵築神社にあるヒイラギモクセイ
胸高回り3.35m 高さ10m で県下1位

幼木の鋸歯

大木では鋸歯が無くなる

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト