ウスバヒョウタンボク (スイカズラ科 スイカズラ属)


2003・4・13 広島市安佐北区

【落葉・低木】
近畿以西,山陽,四国,九州の山地に生える。葉は名前のとおり薄く、上面薄い毛があり下面は無毛。渓谷に沿った斜面などで見られるため開発による環境の悪化が懸念される。


2007.4.13 福山市山野峡


名前どおり、葉が薄く柔らかい。

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト