カンコノキ (トウダイグサ科 カンコノキ属)


2006・5・7 広島県廿日市市宮島町

【落葉・低木】暖地の海岸近くの樹林に生える。ツヤのある葉だが落葉樹。
雌雄同種だが異種の場合もあるそうだ。カボチャの実のような形をした小さな実ができる。枝は細くトゲも隠れている、シカの多い宮島の植生を考えると幼木はこのトゲで自身を守っているようだ。

2003・8・31

カボチャのような実 2006・2・26

宮島ではカンコノキが最近特にシカの被害に遭っている

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】