コバンノキ (トウダイグサ科 コミカンソウ属)


2006・5・21 広島市佐伯区・窓ヶ山

【落葉・低木・高さ2〜3m】湿った山道で見る。葉の形から「小判」を連想してついた名前。マメ科を思わせるが単葉。
雌雄同株で本州の中部以西、県内では全般で見られる。

小判のような葉

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】