ヒサカキ (ツバキ科 ヒサカキ属)


2006・3・12 広島市中区・江波山

【常緑・低木】大きいものでは高さ10mになる
分布は青森県を除く日本全土、沖縄でも見かける。広島県では沿岸部のアカマツの樹林帯でシャシャンボ、リョウブ、アオハダなどに混じって、日当りの良い尾根筋に生えている。雌雄異株。沿岸部の神社ではサカキの代用としている。姫榊や非榊という説がある。

雄花

雌花

【*QJYの植物図鑑・木本に戻る*】