キバナハタザオ (アブラナ科 キバナハタザオ属) CRUCIFERAE Sisymbrium luteum


2010.6.12 広島県庄原市東城町

広島県では古生層地帯にのみ自生するといわれている。現在の自生地では草刈りなどの危険性を常に背負っている。茎には毛があり、葉には大きな鋸歯、長い長角果が特徴。

おしべは6本、花弁は4つ

茎の毛


2010.6.19 同場所


2010.7.21同場所

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト