シコクハタザオ (アブラナ科 ヤマハタザオ属) Cruciferae Arabis serrata var. sikokiana


2007・5・10 広島県廿日市市吉和

広島県内にはヤマハタザオハクサンハタザオなどが自生するが、シコクハタザオは限られた地域の湿り気のある岩場に咲く。ある程度の群落を作るが周囲にはタネツケバナなど似た植物が多く、目立たない。基本種はフジハタザオ(Arabis serrata)でシコクハタザオは根生葉の葉柄が長いのと果の長さが長い。

 根生葉の葉柄は長い


ハクサンハタザオと違い葉は茎を抱く。


2007・9・5 同場所にて 種子

2011.4.29 三段峡にて

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト