オオハシカグサ (アカネ科 フタバムグラ属)


2012.8.15 広島県北広島町

花は小さい普通のハシカグサと変わらないが、がくに毛が無いことで区別される。中部地方の日本海側から東北地方に分布すると言われるから、広島県での発見は大変なこと。ホドイモやナンバンハコベ、イガホオズキが周囲に咲いていた。
地面に這うように咲くハシカグサと違い、高さ40cmで立っていた。葉の長さ4〜5cmある。

白い花のがくに毛が無い


ハシカグサ(左)はがくに毛が多い オオハシカグサ(右)のがくは無毛

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト