ヒメシャガ (アヤメ科 アヤメ属)


2006・5・15 広島県安芸高田市

シャガと比較すると、色模様が逆だが、全体に小さめで特に葉は冬に枯れ、柔らかく光沢が無い。口和町では自生南限と言われるが、この地は寺院の跡と言われるので少々妖しい。落葉広葉樹林のやや乾いた林床に生える。シャガと違い結実する。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト