アカバナシモツケソウ (バラ科 シモツケソウ属) Filipendula multijuga var. ciliata


2012.7.28 広島県安芸太田町

中部地方以北に生育するとされる植物は何故か広島県では多い。これを独立種として細部を検証する作業に取り組むことが、今後の課題であろう。山歩きの好きな友人は以前からこの花を見て、「全体が小さい、特に葉が。」と質問を投げられていたことがあった。備北地域のシモツケソウは間違いなくただのシモツケソウで、このページのものがアカバナ種であることの証明は以下のとおりである。


果に毛があること。ただし生え方について異論があり検討の余地がある。(窪田正彦氏の指摘)

 県内のアカバナシモツケソウは特に鮮やかとは思えない。

葉はシモツケソウほど荒々しくなく、小じんまりとしている。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト