ツクシコゴメグサ (ゴマノハグサ科 コゴメグサ属)

2006・9・2 広島県安芸太田町 深入山
中国地方、四国、九州にの日当たりのよい草原に咲く1年草で、キュウシュウコゴメグサやタチコゴメグサの葉の鋸歯の先端がノギ状に尖るのに対して、ツクシコゴメグサではストレートである。花は小さく模様がきれいで、1本の茎から良く分枝し、まさに「美し小米草」。

県内のコゴメグサの中で一番「美しいコゴメグサ」
花の長さは7mm、上唇の色はうす紫色。県内では他にキュウシュウコゴメグサタチコゴメグサが見られる。


がくは上下で中裂、筒形で先端が尖る。茎に白い毛がある。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト