クチナシグサ (ゴマノハグサ科 クチナシグサ属)


2008・4・20 広島県三原市

果実の形がクチナシの実に似ているためついた名前、別名を「カガリビソウ(篝火草)」これは若葉が赤い状態をさした名前という。半寄生植物で二年草、茎は地上を這うように伸びる。。

赤い若葉がかがり火のよう。


クチナシに似た果実 2008・5・21 同場所

断面

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト