カワヂシャ (ゴマノハグサ科 クワガタソウ属)


2008・5・18 広島県東広島市安芸津町

水田や水路で水に浸かりながら生えている、タガラシなどと一緒にいる。大きめのオオカワヂシャ(外来種)もあるので要注意。


葉には細かい鋸歯があり、全縁のオオカワヂシャとの区別点


実の先端は1mm長さの柱頭の毛(花柱)、オオカワヂシャは2〜3mm


花の色は白く、オオカワヂシャはオオイヌノフグリのように青い

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト

クワガタソウ属の違い
イヌノフグリ> 赤っぽい
カワヂシャ> 白っぽい
オオイヌノフグリ> 青い
タチイヌノフグリ> 花弁の先がとがる
フラサバソウ> がくに毛が多い