シオガマギク (ゴマノハグサ科 シオガマギク属)
2002・9・23 広島県戸河内町・深入山

日当りの良い草地に生える多年草、半寄生植物。葉は茎の上部では互生、下部では対生。きれいに並んだ鋸歯を「葉まできれい(浜できれい)」と塩を作る「塩竃(しおがま)」に例えたそうだ。


上唇は「くちばし状」で下唇は広く、先が浅く3裂する。

全体的にはトモエ型に見える。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト