ヒナノシャクジョウ (ヒナノシャクジョウ科 ヒナノシャクジョウ属)

2003・8・30 広島県宮島町

日当たりの良くない林床に控えめに生える暖地性の腐生植物。茎頂に花を数個つける。
高さ3〜5センチ程度であまりにも小さくて見つけにくい。


あまり図鑑などでは本当の花を掲載していないようだが、これが花。外花被片3つと小さな内花被片3つで構成され内側は黄色く開いている。山渓の「山に咲く花」の解説「花被片6個は合着し・・・」というのは花後のこと。

広島県内の「ひなの3姉妹」

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト