コアマモ  (ヒルムシロ科 アマモ属) Zostera japonica


2008.5.4  広島県東広島市安芸津町・大芝島

 全国的には広く分布している、広島県では宮島など数箇所のみが知られる。写真で大きなものは「アマモ」で、植物名としては最長の「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」であることは有名。するとこのコアマモは「コリュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」ということになり、これが最長か?
 瀬戸内海の汚染により今後の自生地の変化が注目される、指標植物として見守って行きたい。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト