ウエマツソウ (ホンゴウソウ科 ウエマツソウ属)

2006・8・17 広島市佐伯区

小さいことでは右に出るものが無いくらい。ホンゴウソウも小さいが更に小型。
暖地の山地にまれに生えるとされる。林縁の腐葉土の上とかコケに紛れて生えていた。

<上部にあるのが雄花>
おしべは3つで雌花より早く熟す。9月上旬でも見つかるが、雄花は8月上旬のほうが確実に見られる。

<雌花>

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト