ミカヅキグサ (カヤツリグサ科 ミカヅキグサ属) Rhynchospora alba


2009.8.16 広島県世羅町

北方の高層湿原の草本であり、広島で見られることはラッキーなこと。同属のイヌノハナヒゲの花穂が茶色く変色するのに対して、白い色を保っていることで見分けられる。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト