ミチノクフクジュソウ (キンポウゲ科フクジュソウ属) Adonis multiflora Nishikawa et Ko. Ito.


2003・3・28 広島県東城町

春を告げる花と言うが、実際には広島では3月〜4月に咲く。
山地の明るい林の中とか田んぼのあぜ道に春の陽光を浴びて輝いて咲く。黄色い花びら(実際はガク)がパラボラアンテナの役目をして陽光を花の中心に集めている。
広島県のフクジュソウは日本固有種の狭義のフクジュソウ(分布は北海道、本州)では無くミチノクフクジュソウ(分布は中国北部、朝鮮半島、日本では本州北部から中国地方、九州中部)に分類される。

果 2007.4.3

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト