バイカオウレン (キンポウゲ科 オウレン属)

2004・3・27 広島県広島市安佐北区

根生葉は5小葉、高さ15センチ程度で茎葉はない。匐枝を出して増え、環境が良いと群落を作る。キンポウゲ科の花は花びらに見えるものがガクにあたり花弁は黄色いオシベ状。
キンポウゲ科の花と言えば早春に多いが、渓流の冷たい水にさらされながら咲く姿はちょっと痛々しい。
この群落はカヤ、スギの暗い樹林で更に寒そうな場所だった。


【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】