トリガタハンショウヅル (キンポウゲ科 センニンソウ属)


2003・4・29 広島県東城町

高知県の鳥形山で最初に発見されたのでついた名前だが、だいたい本州全般と四国にある。
広島県では帝釈峡に多い。4〜5月の新緑の中でうす緑色の釣鐘をぶら下げる。

2020.4.22
花糸には毛が多い


2005.9.11実
【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト