トウゴクサバノオ (キンポウゲ科 シロガネソウ属)


2004・4・10 広島県福山市

高さ15センチ程度の多年草で沢沿いの岩場で見られる。日当たりの良い場所ではびっしりと群生する。
ロゼットは複葉で数個つき、茎葉は輪生。名前のとおり関東地方に多いが、近畿、四国、九州など全般的に見られる。広島県内では福山市山野峡が知られている。
サバノオとは魚のサバの尻尾をさし、実の形から。


2004・5・2 大阪府富田林市金剛山にて

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト