カラハナソウ  (クワ科 カラハナソウ属) MORACEAE Humulus lupulus


雌花
2009.9.20 広島県庄原市東城町

本来は中部地方以北の植物。ビールの原料となるホップはこれの栽培種でセイヨウカラハナソウと呼ばれる。カラハナソウは唐花草で中国の植物のようなイメージをもたれてしまったのだろう。山野に生えるつる性の多年草でカナムグラと似たような場所にはびこる。


いったいどれが典型的な葉の形なのだろう。

 葉にはトゲが多い

 クマシデの実に似ている

一枚一枚の付け根に丸い種子

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト