オニルリソウ  (ムラサキ科 オオルリソウ属)

2006・8・2 広島県安芸太田町戸河内

まるで外来種のような雑な姿、近寄って見るまではムラサキ科とは思えなかった。山地の中に生える2年草で、毛に覆われた茎と目立たない青紫の小さな花が特徴。高さ60〜90センチと大型なのに花は径4mm程度。茎に開出毛があるのが特徴。


果実は4つに分かれる

2006.8.2


2007.8.7 安芸太田町

広島市安佐北区
良く似たオオルリソウは全体に圧毛に覆われ、花枝は横に広がり、広島県内ではオニルリソウほど奥地で見ることはない。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト