トモエソウ (オトギリソウ科 オトギリソウ属)

2006・7・30 広島県北広島町芸北

湿地に多く自生し、花びらが一定方向によじれていることで「巴型」と言う意味。県内全般で見られ、花は大型で高さも1mになるが草刈りの犠牲になりやすい。

2009.7.20 庄原市西城町

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト