アオテンナンショウ(サトイモ科テンナンショウ属)


2006・5・7 広島県廿日市市宮島町

恐ろしく長い仏炎苞の先、付属体のは白く太い。全体に明るい緑色で、海岸近くの林の中で存在感がある。一緒にナンゴクウラシマソウも咲いていた。県内で目撃情報のほとんどがアオマムシグサであるという。ここ宮島にあるのはシカが食べないから。

2006・9・23

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト