マイヅルテンナンショウ(サトイモ科テンナンショウ属)


2012・6・7  広島県東広島市

舞鶴市とは関係なく、全体の姿が羽ばたくツルのように見えることからついた名前だ。写真のものはまだ十分葉が展開していないようだが、その分「鶴の舞」を感じ取ってもらえると思う。花もカラスビシャクのなまめかしさを感じられるオススメのワンショットだ。花序に見られる付属体がウラシマソウのように長く伸びるが「釣り糸」を垂らすことはない。
広島県内では、過去東城、呉などでの発見例がある。広島のみならず日本の貴重種。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト