オモゴウテンナンショウ(サトイモ科テンナンショウ属)


2007・6・10 広島県安芸太田町

愛媛県の「面河渓」の名を取ったようだが、オモゴテンナンショウではなくオモゴウテンナンショウだ。垂れ下がる仏炎包が長く花の丈より長いことも、またこれが緑色で付属体などに紫色の斑点がある。渓谷の斜面などに自生し、茎は一本で斜めに上がり花はまっすぐになるのが特徴。中国地方と四国地方のつながりを示す植物と言える。

紫色の斑点がある。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト