カワラボウフウ (セリ科 カワラボウフウ属) Peucedanum terebinthaceum


2012.10.14 広島県安芸太田町

図鑑では北海道のものが掲載されていて驚くが、九州から北海道まで広く分布する。県内では頻繁には見ない。名前に似合わず山道で出合った、別名ヤマニンジン、こちらのほうがぴったり。 葉は1〜3回羽状複葉。特徴ある切れ込みの多い葉。

花弁はハート型

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト