セリモドキ(セリ科セリモドキ属) Dystaenia ibukiensis


2011.8.8 広島県三次市

主な自生地として伊吹山が知られているが、広島県内では特に石灰岩地に限定されているわけでは無い。全体の印象や葉の形状がまちまちで、特にここに掲載の自生地2箇所は、一般道路沿いなので、草刈り作業があり再生したものなどは様子が異なる。別名をタニセリモドキ、しかしこの自生地は奥深い谷ではなく、明るい林縁。

上から下まで同じ形状の葉
節には白毛

2)三次市内の別の場所 同日


ここは一度草刈りされている。


葉の縁の毛

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト