ヒュウガセンキュウ(セリ科 シシウド属)


2007・9・8 広島県三次市

中部地方以北に分布するはずのオオバセンキュウと同定していたが、ヒュウガセンキュウに訂正した。(窪田正彦氏・美良子氏の「広島県植物誌資料」による)
県内では石灰岩の帝釈地域以外の北東部(窪田氏資料では明確に分布を示している)の山地の湿った場所に自生。ヒュウガオオバセンキュウと表わしているHPもあるがここではヒュウガセンキュウとする。
DNA解析では宮崎県のものと一致という興味深い「隔離分布」の事実がある。


シラネセンキュウに比べ花弁がよれている。おしべが長い。

小葉の鋸歯はふぞろいで鋭い。

広島県内の大型セリ科植物

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト