ヨロイグサ (セリ科 シシウド属)Angelica dahurica (Fisch.) Benth. et Hook.


2009.7.14 広島市安佐北区可部

高さ1〜2m、茎は太く中空で、上部で枝分かれする。葉は羽状複葉。夏、国内の分布は本州西部(つまり中国地方)〜九州。川の土手など湿った場所に生育し、日当たりを好む。広島県では広島市の北部に自生域がある。


茎は太く、川の氾濫に耐えられるよう力強い構造で出来ている。


羽状複葉

漢方薬・「ビャクシ」として用いられるのはヨロイグサの根で、消炎・鎮痛・排膿にきく。.

2009.7.21 安佐北区

広島県内の大型セリ科植物

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト