デワノタツナミソウ (シソ科 タツナミソウ属) LABIATAE Scutellaria muramatsui


2012.6.11 広島県北広島町八幡

やや薄暗い湿った林道沿いや渓流沿いで見られるシソ科の多年草。広島県ではホクリクタツナミソウと混同され、比較される。
ホクリクタツナミソウが荒々しい毛に覆われているのに比べ、本種は優しい感じ。
模様(舌弁の斑紋)が無く、小型のタツナミソウ属であればまずこの2種のうちどちらかであろう。


舌弁に斑紋は無い、小型でやさしい感じ


茎の毛は短く大きな特徴は無い


葉の表裏に毛はあるがホクリクタツナミソウほど荒々しく無い

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト