ホクリクタツナミソウ (シソ科 タツナミソウ属)


2010.6.8  広島県安芸太田町

デワノタツナミソウとされていたものから独立することとなった、主に日本海側の湿った山中で見られる。従って、中国地方でデワノタツナミソウとしていたものは今後、新変種のホクリクタツナミソウかどうか見極める必要がある。それくらいこの2種はよく似ている。


大きな違いは荒々しい毛、葉にも毛が多い。 やさしい感じのデワノタツナミソウとの大きな違い。もっとも以前は一緒にされていたので間違ってもおかしくない。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト